イメージ画像

フィンペシアの通販購入には
安心できる代行業者を選びましょう。

AGA 男性型脱毛症

父親やお爺さんがハゲていると「お前もそのうちあーなるんだ」なんて話を耳にした事があると思いますが、AGAは遺伝や男性ホルモンなどに影響を受け薄毛になります。主に男性が成人以降、だんだん髪の毛が薄くなっていく男性特有の男性型脱毛症の事をAGAと呼びます。

AGA「男性型脱毛症」は男性ホルモン(DHT)が髪の毛の成長に影響を与える為、発症すると髪の毛の成長のヘアサイクルが乱れてしまいます。健康な状態であれば成長期は二年から数年は続き、この間通常どおり髪の毛は成長していくはずです。

発毛から成長、脱毛、休止、発毛というサイクルを通常の髪の毛は繰り返していくのですが男性型脱毛症の場合、男性ホルモン(DHT)が髪の毛の成長を制御してしまう為、その影響を受け髪の毛は異常に細く短いものになってしまうのです。

髪の毛が細くなるという事は密度が減ってしまう状態、つまりはこれが薄毛状態ということであり、そして早いピッチで髪の毛が抜けるようになってしまうので、ヘアサイクルの中で発毛が追い付かなくなり、その結果ハゲてしまうという事になります。

AGA「男性型脱毛症」の予防の為にフィンペシアの服用は抜け毛、薄毛などの原因となるDHTを抑制します。すぐに抜けてしまっていた髪の毛が、正常なヘアサイクルに戻せれば、髪の毛はしっかり成長してくれるはずであり髪の毛の密度も上がり薄毛も解消されるはずです。

実は、市販の育毛剤やシャンプーなどには、その男性ホルモン(DHT)を制御する成分は含まれていません。市販の物をいくら試してみても結果が得られないという方は、男性ホルモン(DHT)を制御できるプロペシアやフィンペシアのような薄毛治療薬を使われてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ